代表メッセージ

代表メッセージ

くにうみアセットマネジメント株式会社
代表取締役社長 山﨑 養世

プロフィール
太陽経済提唱者。
一般社団法人太陽経済の会代表理事 / ㈱成長戦略総合研究所 代表取締役兼理事長として、金融、財政、国際経済問題等に関する調査・研究及び提言活動を行うとともに、くにうみアセットマネジメントの代表取締役社長として、再生可能エネルギー開発をはじめとしたインフラ事業、地域創生事業の指揮を執る。

成長戦略・提言・論文をまとめた「くにうみの先見」 著書紹介
時代は太陽経済へ

2008年12月。各界の仲間が集い、エネルギーを使い尽くす経済から、太陽がもたらす無限の資源〜光・風・熱、植物の成長など〜を技術と英知で、エネルギー・食糧・水に変換し最適に分配する経済へと転換する「太陽経済」が生まれました。太陽経済の理念を普及啓蒙する組織「太陽経済の会」を設立し社会への提案をはじめました。
2009年12月。住民・地域、国・行政と企業が太陽経済の構想のもと、技術や知恵を共有し、人々の幸せ中心のライフスタイルや経済、地域をデザインし田園からの産業革命を実現する「成長戦略総合研究所」を設立しました。地域活性化のコンサルティング活動がはじまりました。
2011年3月。東日本大震災が多くの貴い命を奪い、未曾有の福島原発事故が当たり前のように使ってきた電気を失う非常事態を巻き起こしました。オイルショック以来ひたひたと着実に進んできたエネルギー危機を加速させました。
そして、2012年2月。私たちは持続可能な太陽経済の社会を目指し、再生可能エネルギーを広め、理想の地域作りを進めるため「くにうみアセットマネジメント」を設立いたしました。

自然エネルギーを広め地域活性へ

自然エネルギーは地域に富と活力をもたらす産業です。私たちは地域のさまざまな資源〜観光、農産物、食文化、伝統芸能、芸術など〜と調和して、自治体、企業、地域に住む人々がいつまでも安心して暮らせる理想の地域づくりを目指します。
くにうみアセットマネジメントは、自然エネルギーのビジネスを通して地域社会に貢献する企業でありたいと思います。
太陽経済の理念のもと、世界中のあらゆる地域の人々にエネルギー、食糧、水が分配され、高度医療を受けられる理想の地域づくりを進める、日本発の先進的でユニークな企業が誕生しました。
私たちは力の限りひたむきに事業に取り組んでまいります。
私たちのチャレンジが、今始まりました。
皆さまのご指導ご支援をよろしくお願い致します。

《略歴/実績》
1982年~1993年 大和証券株式会社 ・国際金融、デリバティブ、証券化、不動産投資、年金運用、投資信託などを担当。 ・1989年 日本初の証券化公募ファンド「FNMAファンド」の担当者としてMBS、ABSを有価証券として初の認定。 ・1990年 担当者として開発に携わった日本初の証券化投資信託『ジャンボ・アルファ』が1990年度日経金融新聞最優秀商品賞受賞。
1994年~2002年 ゴールドマン・サックス社 ・日本での資産運用業務の立上げを担当。 ・本社パートナー、ゴールドマン・サックス投信株式会社代表取締役社長を歴任 ・この間ゴールドマン・サックス投信は設立3カ月後に外資系トップになり、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・ジャパン(投資顧問)と合わせ、業務開始後2年間で約3兆円の運用資産。 ・社長在任中、日経金融新聞のグローバル運用部門で連続1位の評価 ・ゴールドマン・サックスの会社で初めて消費者マーケティングを開始。
広告、書籍出版、セミナー、テレビ番組制作など展開。2000年日経広告賞を受賞。
・日米金融協議(1994-95年末)で、年金、投資信託の改革案を米側代表として作成。 ・世界最大の年金基金である年金福祉事業団の最大の運用マネジャーになり、投資顧問業務開始後、1年で日本のトップ10企業年金の内8社から受託。   2002年 シンクタンク山﨑養世事務所を設立。 2008年 日本コアパートナー株式会社を設立、代表取締役に就任。 2009年 一般社団法人太陽経済の会を設立、代表理事に就任。 成長戦略総合研究所を設立、代表取締役兼理事長に就任。 2009年10月~2010年9月 総務省顧問に就任。公的年金積立金の運用についての提言等を行う。 2012年 くにうみアセットマネジメント株式会社を設立、代表取締役に就任。 2015年 IJIPアセットマネジメント株式会社を設立、代表取締役社長に就任。(現会長)

トップに戻る